スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

去年の忘れ物を届けに来ました 

関コミ46サークルカット

5月の関西コミティア46に申し込みました。
今回は余裕をもって申し込んだよ・・・!
通信欄描きたいが為に、郵送申し込み続行中。

まだ申し込まれてない方は
2/24(火)が〆切ですのでお早めに!!



そんなタイミングで、
10月の関コミにて買った本の感想をしたためます。
ち、ちがうんだからっ!
5月の参考にしてほしいんだからっ!!


+-*-+ +-*-+ +-*-+ +-*-+ +-*-+ +-*-+ +-*-+ +-*-+ +-*-+ +-*-+

関西コミティア45  手に入れた本リスト / ()内はサークル名・順不同敬称略


・『BERKELEY TWO WEEKS,JUST STAY WALK AND EAT AROUND』(MONMONBOOK)
…以前からバッグとか旅の御本は買ってたのですが、
  図書館で偶然見つけた著者さんの食べ物本がツボだったので
  今回は食べ物本!と心に決めてスペースに突進。
  写真とあっさりオサレなイラストで、食べ物を中心に
  カリフォルニア・バークレーが紹介されてます。 
  ほんとに食べるのお好きなんだろな~って目線がひしひし感じられて好感触!
 

・『リーインカーネーション』(MANON)
…タイトル通り、輪廻がテーマの恋愛ファンタジー。
 正直難しい内容なのですが、
 めまぐるしく変わる場面とキャラクターが
 幾度も出会い、喜び、そして失う悲しみを経験する中で
 その悲しみも、いつかの生には満たされるんや・・・と希望を感じさせる一冊。


・『リリとスッス』※無料配布
 『くまちゃんとうさぎくん』(まつかさ師匠の沈黙工房)
…『リリ~』はもう、もっふもふvvv
 何にも起こんないんだけどなんか目が離せない、そんな空気がクセになる。
 クマがね!すごくいい!!
 、、、同じクマでも、『くまちゃんと~』の方は
 大柄男子と小柄女子のほんわかドキドキ話vv
 もう、主役が二人ともすんごい素直で赤面ドミノがすごい!!
 お互いが体格差に甘えず、それぞれに努力をする姿が素敵です!!!
 柳田さんとこのキャラは皆、自分の足でしっかり立ってる感があって好きだ~vvv

 
・『MUSTANG&WALKER』
 『senkouhanabi』(studiobullet!/appleorchard)
…『MUSTANG~』は西部劇、なのにレースやリボンフリフリなのが
 ミスマッチどころか最高の化学変化。
 夢ばかり大きくて現実が伴ってない女の子だけど、
 将来が大きく広がってそうなんが微笑ましいvv
 『senkouhanabi』は少女の日常を描いた短編集。
 どれも何気ない日常の一コマがあったかくていいんですが
 特に「軒下の線香花火」がお気に入り。
 普段はそれぞれ違う生活を送る従妹が、限られた日だけつながり、
 そしてそれは必ず終わるという儚さ、でもまた来年は…という希望。
 そんな感情の機微が4Pにギュウっと詰まっててすごいです!!


・『notch.chips 2』
 『星屑カフェ いちごのパイと鳥の手紙』
 『コール氏と彼のなくならない荷物』
 『星とブランケット』
 『fetish fetish』※合同誌
 『Hoshi Furu Sato』※合同誌(notch)
…前回買い残していた本をコンプリート。
 作風も本によって変えることの多い作家さんなのに、
 これだけ買っても一冊もはずれがないっていいうのが、ただただすごい。
 それだけ丁寧に作品作りをされてるということなんだと思います。
 ちょっと言葉に収めきれないので
 ぜひ全部読んでいただきたい!!全部おすすめ!!!

 
・『大阪たこ焼き馬鹿食記 5 ~おうちでたこ焼き編~』(京都卑食アカデミー)
…大阪のたこ焼き屋さんを食べ歩き、評価をされてるシリーズの中で
 この本では、家でたこ焼きを楽しむといえば!の
 お持ち帰りたこ焼き・冷凍たこ焼き・たこ焼き粉について
 著者三名さんが独自に検証・考察をされています。
 焼き方紹介もあり、読んだだけで食べた気になる超細やかな内容。
 そして絶対!絶対読んだらたこ焼き食べたくなるので覚悟!!
 初心者より、粉モン好きの関西人こそ読むべき本かと!!!


・『HOODIE BOYS』(Triplehood)
…町内フード男子のスケッチから、東西におけるフード率検証まで!
 端から端までもりもりフード男子しかないイラスト本。
 これこそ愛!!とブレのない一冊。絵もキレイで超眼福ですvvv
 自分も学ラン×フード萌えやった・・・と思い出させてくれました☆


・『ROOM503』(ココモココ)
…いがぐりかわいい男性とカッコ怖い男性の同棲話。
 日常のちょっとした優しさを上手に切り取ってはって
 あったかい空気感がとても素敵。


・『面白家老 五』(四ツ角)
…いよいよ佳境!な内容で、シリアスで重い展開になりがちですが
 ちょっとおボケな和尚様がいい味出してますvv
 しかも結構な重要ポジション!おじいちゃんブームは来ておりますよ…!
 ホンマ…ドラマ化されないかな…


・『イカロスとナイチンゲール 前・中・後編』(フラッフィールド)
…盗賊に襲われた少年が金髪少女に助けられ・・・というところから始まる
 ミステリアスなファンタジー。
 ラフなタッチの絵柄なんですが、
 そのタッチがふわふわと謎の多い世界観にマッチしていて
 次は?次は?と一気に読んでしまいました。
 けどいくつか謎の残ったままの最後だったので…続編か番外編希望☆☆


・『日本の神様 二五六の噺し神[絵姿]』(稲馬屋)
…「古事記 上巻」に出てくる神様(約260!)を、漫画やゲームを全く参考にはせず
 丁寧に絵姿にしていった一冊。
 作者さんのこだわりがびっしり詰まって、最初から最後まで
 魂を込めて描かれてるなあ、、、というのがひしひし伝わってきます。
 これのフィギュアがガチャガチャであったら絶対つぎ込むなあww
 アシキカミ超ほしいvvv

+-*-+ +-*-+ +-*-+ +-*-+ +-*-+ +-*-+ +-*-+ +-*-+ +-*-+ +-*-+


今回これを書くにあたって読み返し、改めて思ったことは…
他の方もあちこちで散々おっしゃってはりますが、敢えて。

奥付にサークル名を書いてほしい!!!

大事なので大文字です。

私も本を作ってて、
「あーここでサークル名入れるとデザイン的に…」と
躊躇することもあるんで、書かない選択肢も分かるんですが、
正直もったいなくてたまらない!!

読んでて「ココの本いい!」と思って次に行きたいと思ってても
サークル名が分からないと、『調べる』という過程が入るわけですよ。
関コミやったら作者名からパンフで調べたり、
作者名も分からなかったら、本のタイトルをネット検索したり。

よっぽど好きやったらそれくらい調べるんですが、
多分読んでくれはる方のほとんどは、そこまでの熱意はない方やと思うんです。
次のイベントで見かけたらもっかいのぞいてみよかな~って人なんです。
そういう時には、まずその『調べる』はない。

私の場合は、イベントでパンフを買った後
まず目当てのところを探すのに最初からサークルカットをぺらぺら見てく。
その見てく過程で、前に買って良かったけど
目当てほどでは、、というサークルさんを見つけたら、一応チェックする。
ただ、絵柄ですぐ分かればいいですが
カットと本では絵柄が全然違う、って場合が結構あるので
サークル名も併せて見る。
それで分からなければ、残念ながらスルー、、、という流れで調べてます。

だからサークル名が分からないと、それだけスルー率がアップしてしまうということ・・・!

最近の関コミは特にサークル数も増えてるので
全部念入りに回るのも困難なだけに、
サークル名を知らしめる重要さはひしひし感じてるわけですよ。


多分まだ漫画同人誌を出すのに慣れてないんだろうな~っていう
若い方々に特に多い気がするので、
老婆心でアツく書いておきます。


奥付!絶対!サークル名!
正直メアドより大事だと思う。
スポンサーサイト
[ 2015/02/12 10:26 ] 漫画+同人 | TB(0) | コメント(-)

え、ちょ、2月…? 

風邪ひいたりひかなかったりしながら
生きております。


10月の関コミが終わった後、
買った本の感想をメモ帳に打ち込んでたはずなのに
パソコンを修理に出したゴタゴタで
データがどっか行ってしまい、またイチからか…というショックから立ち直るのに
年をまたいで、しばらくかかってしまいました。。。
ソフトとか全部入れ直しつなぎ直しなだけでもションボリなのに。。。。。

そんなメンタルの弱い人間ですが、
今年もボチボチでやっていこうと思います。
漫画イベントは関コミが基本、あとは白比ちゃんと気が向けば…の
去年と同じようなペースになるかと。
今年こそどっしり腰を据えて、長い漫画を描きたいです。

もう二月やけど、抱負です。




去年はねこたま帝が10周年を迎え、
白比ちゃんと初の合同本も作ることが出来、
思い出深い一年となりました。

だって、あの白比ちゃんが!かわゆ子専門の白比ちゃんが!
おっさん描いてくれたんだぜ…!?
しかもBLなんだぜ…!?
これがどんだけすごいことなんかは
白比作品の読者さんなら分かっていただけるかと!!!

うちの破天荒な相撲本を
あんな風にキュキュッと分かりやすく、
しかもセクスィーに描いてもらえるなんてvvv
やっぱすごいよ白比ちゃんvvvvv

正直、描きたい!楽しい!・・・だけの10年では無かったです。
生活環境の変化もあり、
描きたいと思ってもなかなか時間を確保できなかったり、
本を作ってもあまり手に取ってもらえなかったり、
こんなのが描きたい!と想像したものから
完成したものがあまりにも駄目な方に違っているという現実に辟易したり、、、と
モヤモヤやきもきの連続で
漫画描くの辞めようと思った時もありました。

けど今まだ漫画描きたい!という気持ちを持ち続けてるのは
ふと横を見た時、すぐ隣の道で同じように
やきもきしながらも頑張ってる白比ちゃんの姿があったからやと思います。


うちのサークルを御存じの方は分かるかと思いますが、
二人サークル、というよりは
作風の全く違う二人が1スペースをシェアしてる、、という感じなので
一緒に協力して作る要素は少ないし、
同じスペースな分、お互いの作品に対する反響も目の当たりにするわけで
大いにへこむ時も多々あるわけです。。

けど同時に、相手が認められることもすごく嬉しい!と思えて
自分も頑張らねば!!と素直に励みにできる、
そんな尊敬も刺激も感じられる相手がすぐ近くにいてくれるのは、
自分にとってすごくありがたい環境やなぁ、、、と
10年の節目にしみじみ。


この環境が大いに活かされるよう
もちょっと生活における創作の比重をあげていかねばならない…

そしてせめて日記を月イチに……

………



とりあえず、近いうちに10月関コミで買った本の感想をあげます!今更!
[ 2015/02/09 11:28 ] 日常つれづれ | TB(0) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。