スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京都のアレ、補足 

「大阪都」、も慣れない響きに戸惑いましたが
橋下さんも非実在青少年について色々考えてはるようで。。。

でも新聞を読む限り、今すぐ規制!というのではなく
現状を把握してから対処を…という感じのようですね。
よくわからんけど、とりあえずやめさせとけ!みたいなのは
ホンマどうかと思うんですが、
ちゃんと確認しようとする動きには、納得がいきました。


でもお上がキチンとした対処をするならば
描いたりする側もちゃんと考えないといけないなー、と
考える部分もあるんですよね。。

確かに成人向け表記があるとはいえ、
「え、ちょ、表紙にここまで描いてええの!?」って思うマンガもチラホラ見ますし
一般向けと並びで成人向けコーナーがあるような本屋やと
それは未成年に大丈夫なんやろか…とは、私も思うことはある。
(露骨なのは平積みしないとか、店員さんの配慮もあると思いますが)

それには「お客さんに手に取ってもらう為」とか
色々理由があるんやと思うし、一概にくくるのは
これまた危険なんでしょうが
今後また審議が進む以上は、反抗する側も誠意を見せる必要があると思います。
一方的に文句だけギャンギャン言って何もしないのは、ズルイやり方ですし。


以前、放送禁止歌や放送禁止作品についての本を読んだんですが、
『放送禁止』というのは、放送したら法に触れる、ということは特になく、
社会的影響を考えて放送する側が自主規制している歌あるいは作品、だそうですね。

しかし、
例えば差別に関わってくるような内容があるとします。
最初は「被差別対象の方が嫌な思いになる」との配慮で規制していたものの、
「使おうと思っても許可取ったり手順がややこしい」
「使った時、もし苦情が来たら厄介」といった理由や、
「放送禁止だからどんな理由であれ放送してはいけない」という勘違いから
放送されない場合も出てきてるんだとか。

でも、キチンと被差別対象の方の人権・心情を考え、
差別を助長するのではなく、差別はおかしい!という確固たる意志と
万が一苦情が来ても心から謝罪し、自分達の制作意思をキチンと伝え、責任を取る覚悟があれば
放送することの何の問題もない。
実際、そういう思いから放送された例もある、と、
その本には書かれてました。


放送禁止に関する本を多数読んで比較したわけではないので
詳しい真偽まではキチンとわかりません。すみません。
でも、私が言いたいのは真偽云々ではなく、
マンガにおいても、この姿勢が大事なのではないかと。

ちゃんと発表する側が、
「このマンガを描きたい!これでこういうことを伝えたい!!」
という確固たる意志を持ち、
その作品を発表することでどんな影響があるか考え、キチンと責任を持つ。
それが結果としては
読者や、社会に対して配慮することに繋がるんではないでしょうか。



表現の自由は守られるべき権利、というのは大賛成やけど
その自由に甘んじて何しても良い!っていうのはなんか違う。
そういうことを補足しときたかったんですが、
やたら理屈っぽい・長い・読みづらいの三重苦文章になりましたことお詫びします。。。


うちも甘えないよ!
スポンサーサイト
[ 2010/03/22 01:23 ] 漫画+同人 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pugipugi009.blog9.fc2.com/tb.php/238-ac4a3d56





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。