スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

我が家に向坂(さきさか)がやってきた! 

…と言いつつ、ホントは2週間以上前にはいらしてたのですが…

ずっとずっと欲しかった、『笑の大学』DVD、スペシャルエディション。
1年間繰り返し「欲しいー欲しいー」とアピッたお蔭で
一月遅れのお誕生日プレゼントで戴けました。言うてみるもんや…

あ、向坂というのは、私の永遠のアイドル・役所広司氏が
映画で演じてらっしゃる検閲官・向坂睦男のことです。

アマゾンから届いて、モジモジ。
封を開けても、またモジモジ。。
パッケージを開けても、更にモジモジ。。。
……いや、観るまでに2週間なんて、あっという間ですよ。
なのに、一回デッキに入れたら入れっぱなし。5日で3回は観たな。ウン、ウン。
まだ劇場版しか観てなくて、監督・脚本家それぞれの解説版と
スペシャル版の特典DVDも残ってるから、全部観るのに、あと1年…

やっぱりいいよこの映画!
元々がラジオドラマ、その次が舞台で何度も演じられた脚本なので
場面展開は少なく、主人公の向坂と
喜劇劇団の脚本家・椿一(稲垣吾郎氏)の二人芝居でほとんど話が進むので
ドカーーン!とカーチェイスとか、派手なアクションも動きもないんですが
…それであれだけ笑って泣けるのは、スゴイ。
色んな要素が全て美味しく調理されてて、非常に良いお味でした。


やっぱ役所さんは、コミカルな役されてる時がめっちゃ好きだー。
『三匹が斬る!』でハマった所為でしょうが
あ、この役すきーと思ったんはだいたい
『Shall we ダンス?』だったり『磐石の一生』だったり、
本人は非常に真面目に頑張ってるんだけど、その真面目さが
ちょっとズレてるおもしろさ。
そういう微妙な笑いが、この役者さんは絶妙に上手い!と思う訳ですよ。エエ。

役所さんのキャスティングについて
脚本の三谷幸喜さんも同じようなツボをおっしゃってたので
そら私の悶絶ポイントが2時間イッパイイッパイ詰まってる映画になるわよね。


ヘタレなオヤジが好きな方。
男前のオッチャンが、めっちゃ頑張ってガミガミ年下の脚本家を怒るんやけど
その方向性がだんだんずれていってしもて、
結局彼に入れあげてメロメロになっていくこの映画、
自信を持ってオススメいたします。
観て損はないですよ。。


私信:Mちゃん、委細承知いたしております。
   大事なお稽古、台詞覚え、全力で頑張ってー!コチラはいつでもOKでごじゃいます故。

椿、一…v

どう頑張って観たとしても
この物語は、椿一に片思いする向坂のラブストーリーに…見え…
なので、私のイメージとしてはこんな感じでヨロシクどうぞ。
あああ……ホント向坂かわいいよなモウ!
スポンサーサイト
[ 2005/11/27 12:17 ] 日常つれづれ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pugipugi009.blog9.fc2.com/tb.php/37-179ad667





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。