スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

不思議ちゃんと呼ばないで 

あさりのワイン蒸し、小松菜とあげさんの炊いたん、おかんにもろた金時豆炊いたん、生協のえびクリームコロッケ千切キャベツ添え

先日、「こんな夕飯にしようーー」、と描いておいたものの
あさりは痛んでたんか、鍋に入れた途端異臭はするし
午前中に炊いといた小松菜は、昼食でうっかり箸が進んで夜まで持たず…
予定なんて、そんなもんですわ。ホンマ。



以前に、「また後日未確認飛行物体を見た話でも…」と書いたことあるんですが
前回田舎の話をした流れで、それを今回書こうと思います。

…ま、全然怖いとかはないんですが
UFOの話なんて嫌い!という方もいらっしゃると思いますので
気になる方だけ、ちょっと長いですが、
続きをお願いします。 結論から言えばね、見たんですよ。UFOってやつを。


ここで言うUFOは、「異星人が乗る乗り物」の意ではなく
「何なんかは分からんねんけど、何か飛んでた」という、本来の意でヨロシクどうぞ。


アレは、私が4歳の頃。世間はクリスマスイブでした。
「はよ寝んと、サンタさん来ぃひんよー」と適当にたしなめられて
いつもより早く、2階にあるジジババ(当時一緒に寝てた)の部屋へと1人上がりました。
その日は保育所で、「サンタさんはクリスマスにそりで飛んで来るんやでー」という
知恵をもろてきてたばかりだったので
「モチカチタラ、アタチノトコニモ…」
…と、甘い期待を胸に、そっと窓の外を見上げてみました。

そしたら…

なんかね、鈴の音が、、した気がしたんですよ。どっかから。
遠ーーーくの方から、その音がだんだん近づいてくる気がして、
子供ながらこれはおかしいぞ、と多少身構えていたんですが


鈴の音が近づくにつれ、窓のあたりを、ゆっくりと、
光る物体が、ホンマゆっくりした速度で横切ろうとしてたんですよ。


家の方も伊丹発着の飛行機が通りますし、夜もキラキラ光って飛んでるの
見たことあったんですが、どう考えても高度が違う。
家の2階とほぼ変わらない高さで飛行機は飛ばないと、流石に子供の私も知ってました。

しかも、光り方がキラキラ、というよりも、ぼんやりホンワカとした
蛍の光を10倍位にしたような感じなんです。
でも、こんな寒い時期、蛍が飛んでるはずもない。

いやもう、どうにもできないしびっくりしたしで、ポカーーンとその場に立ち尽くしたんですが
その光る物体は、人が歩く位の速度でゆっくり窓の外を横切った後
すぅ………っと消えてしまいました。。


「ココココレハ、スゴイモノミテチモタデ…」とアワアワして
親に、親に言った方が!と咄嗟に思ったものの
「イヤ、モチアレガサンタシャンダトチテ、プレゼントクバッテハルノヲ
ダレカニイッタラ、アタチニプレゼントクレナクナルカモ……」
と、卑しい気持ちが先走ったので、結局そのことは自分の胸にしまっておきました。




そういう不思議な体験は、人生通してもコレ一回ポッキリなんですが
あれは結局なんだったのか…
隣の村は、よくUFOが発見されるのでちょっと名の知れた村で、
その隣村周辺の奥の方では、最近…か、今もなのか、亡くなった人を
土葬する習慣が残っているらしいので、
もしかしたらリンが発生しやすい土地なのかも…、とか
突き詰めれば、正体はいくらでも考えられるんでしょうが…

ま、分からないまま置いとくってのも、いいかな☆ナンテネ★




この話。
実は後日談がありまして。


25歳位になって、なんかの話の流れで妹3人にその話をしたところ、
一番上のがちょっと真剣な顔になって、一言。

「それ、ウチも3歳くらいの時、見た…」

上の妹は、発見場所・形状・光り方は同じだったものの、動きは素早かったらしく
見た日が2月3日だったので「オニが!鬼が来てもたーー!!」
と怖くなって、誰にも言えなかったという…


しかし、UFOはイベント好きなのか???
新しい学説が出来そうですが、私の話はこの辺でお開きを。
スポンサーサイト
[ 2006/03/16 20:38 ] 日常つれづれ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pugipugi009.blog9.fc2.com/tb.php/72-41659355





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。