スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小朝さんの人情話もいいですが 

お笑い・舞台・映画・日常事……etc.
なんにしても、心にガツンと来たものほど
言葉に換えるのが惜しくて時間がかかったりします。。
以前より反応が遅くなったとかは(以下略)

なにはともあれ、この前の日曜は
心斎橋そごうで行われた「桂吉朝 追善公演」に
ウチの両親・夫の両親・夫・ウチと家族総出で行って参りました。
・・・なんやこの冠婚葬祭メンバー(笑)

なんというか…
私はお師匠さんを持ったことが無いので、
師匠と弟子の関係は想像でしかないんですが、
憧れであり、もっとも身近であり、越えられない、でも追いつきたいと願う、
そんな人に出会えるというのは、幸せなことなんだろうな、、、
と、じんわり感じる公演でした。

お弟子さんだけでなく、ゆかりの方々が一堂に会して
吉朝さんのことをどこかに感じながら噺をする、その空気。
あったかい、でもどこか凛と張った緊張感も同居する
ゆるみきれなさが、心地よくもありました。
どの方もそれぞれの味があって、
違う個性で違う噺をしているのに、一本通ったものを感じるのは
その空気のせいですかね。。


とはいえ、ついつい主立って観てしまうのは
以前公演を観に行ったことのある、桂しん吉さん。
この方はコミカルな動きがホンマおもしろいな~。
動作で面白さを表現できるのは、大きな才能なんでしょな。
夜の部しょっぱなの出番で、場が分からぬ故難しいと思うんですが
前回観た時よりも、なんだか間の取り方に落ち着きがある、というか
どっしりした安心感のあるお噺で、始終引き込まれました。

同じ奈良県出身で、同い年のこの方。
今後も観て行きたいなー、という想いが強まりました。
これから!…って感じがビンビンして、気になる具合が
ますおかにハマリかけた時に似てる。。
というか、既にファンになってしまった…かも…
なんか、ブログとか読んでるとワクワクするんですが…
脱!オニク好きキャラになるやもしれません……


あ、名古屋場所観てキャッキャ言ってるうちは無理か。



ロールオーバーのバナーを作ってみたものの
どこに貼るかをきめてなかったので、とりあえずこちらに貼っておきます。
どこにも飛ばないけど。。

入口のデザイン変えようかな……
スポンサーサイト
[ 2006/07/15 02:52 ] お笑いさん | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pugipugi009.blog9.fc2.com/tb.php/95-6e1de9f0





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。